個人研究

国語科: 桑原 浩二

国語科: 桑原 浩二

 桑原浩二と申します。当校年目となりました。

 研究教科は,国語科です。書くことの領域を研究しています。

 

 今年度も4年生の担任です。国語科の本質は何か。文章化過程の往還をキーワードとして研究に励みます。文章化過程を往還するとは,「題材の設定,情報の収集,内容の検討」「構成の検討」「考えの形成,記述」「推敲」「共有」といった学習過程を行きつ戻りつすることです。初等教育研究会では,子どもが文章化過程を往還しながら文章を書き表していく姿をご覧ください

 

なお,当ホームページでは,研究授業の様子や指導案等随時upしていきます!多くの皆様からご批正をいただければ幸いです。どうぞ,よろしくお願いします。

 

 2020年2月6日(木),7日(金)の初等教育研究会でお会いしましょう!今年度も子どもの鉛筆は止まりません!ぜひ,子どもの姿をご覧ください。子どもの姿で勝負します

 

〈↓メールをお待ちしております↓〉
kuwabara@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

このページのトップへ