個人研究

養護教諭: 増田 素子

養護教諭: 増田 素子

附属新潟小学校 1年目 増田 素子(ますだ もとこ)です。

 

自分や家族,大切な人を守るために。生涯健康でいられるために。

保健を通して,附属新潟小学校の子どもたちと一緒に考えていきます。

たくさんの方から御批正をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

メール:masuda@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

感染症予防対策を取り入れた身体計測

2020.05.29

3つの条件(密閉,密集,密接)が同時に重ならないように,また,子どもと職員が感染症予防対策を意識した身体計測ができるように計画・実施しました。

普段より,密集を防ぐことができる分散登校の時期に行いました。 学級担任へ依頼した事前指導により,子どもたちは友達と友達との距離を保ちながら静かに待つことができ,また計測の練習により,スムーズな身体計測につながりました。

養護教諭は,身体計測をはじめる前に,子どもたちへ友達と友達との距離を保ちながら並ぶことや検査の機器は使用する毎に消毒する意味を伝えました。

  • 子どもたちにとって,今回の1つ1つの経験が,健康につながる行動になればと考えています。

規則正しい生活リズムを作るために

2020.05.22

学校が休校や分散登校となり,以前に比べさらに子どもたちの生活リズムが崩れてしまう可能性があります。そこで,健康は運動・睡眠や休養・食事から成り立つこと,さらに自宅で過ごす時間が増えると多く利用しがちなメディアを上手に利用しながら,1日の調和のとれた生活リズムを崩れないように,今できていることは続ける,改善した方が良いことを考える機会となるように資料を作成し,指導をしました。

  子どもたちは,できていることや改善していきたいことを話していました。少しずつできることから,望ましい生活習慣に変えていく。それを継続できるように今後も働きかけていきたいと考えています。

このページのトップへ