個人研究

生活科: 三星 雄大

生活科: 三星 雄大

こんにちは。附属新潟小学校六年目となりました。
今年度も生活科を研究します。子どもの思いや願いを大切に,活動を創り上げていきます。
皆様からご批正をいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

生活科が創設されて約30年。新学習指導要領では,自信や意欲をもって生活しようとする態度の育成が求められています。そのために私は,個別的な気付きから関係的な気付き,さらには自分自身への気付きへと気付きの質を高めていきます。
今年度は,1年生を担任します。今年度は,内容九つをつなぎながら,自立し生活を豊かにするために必要な資質・能力を育成していきます。

〈研究のキーワード〉
自分自身への気付き 自立し生活を豊かにする 汎用的な資質・能力 スタートカリキュラム 幼児教育で育まれる10の力

〈所属学会〉
○日本生活科・総合的学習教育学会
○新潟県生活科・総合的学習教育学会

わくわくロケットランド

2019.08.02

 傘袋を使い、遊ぶ単元を構想しました。より遠くまで飛ばしたい!そう願って、自分の飛ばし方の工夫と友達の飛ばし方の工夫とを比較します。より遠くまで飛ばす遊びをしていると・・・。競争しようよ!と、遊びを発展させます。

 そして、身近にある道具を使って「今のままだとルールが簡単すぎるね」「だったら、・・・するといいよ」と、子どもが応答しながら遊び自体を発展させていく姿。遊びは学びの原点です。目的をもった子どもは、他者と言葉を交わしながらより楽しい遊びを考えていきます。


このページのトップへ