個人研究

特別活動: 八子 正彦

特別活動: 八子 正彦

附属新潟小学校に来て,3年目になりました。
今年度も,昨年度に引き続き6年生を担任させていただくことになりました。

「子どもたちにとって必要感を生む議題は何か」

「みんなが納得を生む話し合いにするために,大切なことは何か」など

課題解決の見通しをもつことができる学級会の在り方を探っていきます。

そして,新学習指導要領にある「多様な意見のよさを積極的に生かして合意形成を図る」子どもを育てていきます。

今年も,みなさんで,特活を盛り上げていきましょう!
よろしくお願いします。

 

連絡はこちらへ

yako@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

勝手に学級会奥義③~納得できなくてもいいですか~

2019.09.23

 「先生~,私は今回納得できなかった~」

6年2組のある女子児童(Hさん)が,附属オータム研修会での学級会の授業後,残念そうに私に言いに聞きました。学級会では,これまで続けてきた1年生との交流活動を,他の学年にも広げていくかどうかについて話し合いました。これまでの学級会では,みんなが納得することを目標として話し合ってきました。だから,このHさんのように,納得できなかったことが残念だという気持ちは,よく分かりました。

 しかし,…ん?納得できないことが残念?本当にそれでよいのか?

 ふと,Hさんの表情を見ながら,今聞いた言葉を思い返していると,そんな疑問が浮かんできました。また,授業後に行った協議会(指導者:新潟薬科大学 橋本定男先生,新潟市教育委員会学校支援課 三條貴之先生,新潟市立新津第一小学校 齋藤航先生)では,私の授業の問題点から,その疑問がこれからの重要な課題になることが分かりました。

  「納得するために話し合うのではなく,話し合った向こう側に納得が見えてくるのでは」

 私は,子どもに納得することを強要していたのかもしれません。直接的な言葉で「納得することがよい」「納得しないことがよくない」と言ったことは一度もありません。しかし,子どもは教師の一挙手一投足を本当によく見ています。わずかな言動や言葉の端々から,私が納得することを促していたのかもしれません。反省です。

 6年2組は,誰が発言しても共感的に聴くことができ,他人の失敗を励まし,男女分け隔てなく接する温かい学級です。これから目指すのは,その支持的風土の上に積み上げる「意見を吟味する」「主張を戦わせる」「思いをぶつけ合う」ような話合いだということが見えてきました。問題の解決策についてのよさや改善点を明らかにし,学校や学級にとってよりよい解決策を探る話合いです(こう書くととても当たり前なのですが)。納得軸の形や使い方も,再考が必要のようです。「納得できなくてもいいんだよ」と,教師が(あるいは子ども自身が)胸を張って言える授業にしていかなければなりません。

 何だか懺悔のような投稿になってしまいました。皆さんにとっては,百も承知のことですよね。未熟な八子が足を踏み外さないのは,素晴らしい子どもたちと頼もしい指導者の方々のおかげです。

勝手に学級会奥義②~多数決で決めてもいいんです~

2019.08.02

皆さんは,学級会で子どもたちの意見がA案,B案の真っ二つに割れたら,どのように決めさせますか。

 よいとこ取りのC案を提案させますか。

 縮小してどちらも行わせますか。

A案を先に行わせて,B案は今度行わせますか。

  それで互いの意見を理解し合って,合意形成させることができるのでしょうか。

安易な合意形成になりはしませんか。

   

 なんて書きましたが,新たな案を提案させたり,どちらも行うことになったりもしますよね。

 私はあえて,多数決で決めることも許容しています。

なぜなら,多数決をゴールに持ってくることで,子どもたちは学級の全員が納得して結論を出したいと願い,自分とは意見の異なる他者に共感しながら合意形成を図ろうとするからです。

 そのために,6年2組で用いているのは

納得軸

です。これです↓

楕円の中は子どもの名前が入ります

提示の仕方や話合いでの用い方に工夫があります。これだけ見ていただいても伝わらないと思いますので,是非研究計画と指導案をお読みください。または,9月20日(金)の附属オータム研修会で授業をご参観ください。

子どもが学級内の他者の考えを一目で知ることができ,納得してもらいたいターゲットをしぼって話し合うことのできる奥義,それが納得軸です。

「プロジェクト1」で遊びを新開発!

2019.06.28

 1年生との温かい関係づくりに努めてきた6年2組の子どもたち。教室から体育館へ飛び出して,おにごっこをすることにしました。しかし・・・。

 やってみると,問題勃発!みんなが思い思いに逃げてしまい,全然ペアの1年生と関われないのです。そこで・・・。

話合いです!15分間ほどの短い時間で,課題を共有して解決策を考えたところ・・・。

 遊びを新開発!

その名も「てつなぎたすけおに」!基本的にはたすけおにですが,おにも逃げる人も1年生と6年生とのペアで手をつながなければなりません。ペアでの関わりが生まれただけでなく,「6年生と手をつないだら速く走れて楽しかった」なんていう1年生もいました。

正に「為すことによって学ぶ」子どもたちの姿でした。

勝手に学級会奥義①~適切な学級会の議題は・・・~ 

2019.06.17

 みなさんは,子どもたちが自分の学級に対する思いを熱く語り合う学級会をしたいと思いませんか。 

 そのために大切なことの一つが,議題です。学級全員が「話し合いたい」「話し合う必要がある」と思う議題を設定する必要があります。議題箱を設置して計画委員会で選定していく方法が王道ではないでしょうか。しかし,子どもはそれぞれの視点で思い思いの議題を提案するため,学級会で扱うには至らない議題の候補がたくさん出てきます。せっかく生まれた一人一人の思いの火を消してしまうのもったいないです。

 議題は,育てるものです。

 私は「学活ノート」を書かせることにしています。「学活ノート」には,学級活動の時間や学校生活の中で行った活動についての振り返りを書かせます。その中から学級会の議題につなげたいものを教師が意図的に取り上げて全体で紹介し,さらにその内容についての意見をノートに書かせていきます。その一部をさらに紹介します。「学活ノート」の議題に関わる効果は,次のようなものがあります。

 ・少しずつ議題への必要感や問題意識が醸成されていく。

 ・学級や学校の生活の中から問題を見付ける目が養われる。

 年間35時間しかない学級活動。その時間に行う学級会で扱う議題については,教師が1年間を見通して,意図的・計画的に指導する必要があります。

 ちなみに,私の学級で使っている「学活ノート」は,市販のB5サイズのノートを4等分にしたものです。1冊80円程度だったので,1人あたり20円です。お財布にも優しくなっております。

「プロジェクト1」始動!

2019.06.11

みなさんは,6年生が必要感を持って話し合う議題は,どのようなものだと思いますか。学級のお楽しみ会の内容では物足りないし,突然学校のための活動を取り上げても意欲は高まらない気がします。

6年2組では,1年生と関わることで学級の実態に気付かせ,話し合わせようと考えています。学級の枠を越えた人と人との関わりの中で生まれる課題が,6年生としての自覚を芽生えさせ,必要感を持った話合いにつながると考えたからです。

まずは,難しいことを考えず,1年生と6年生のペアで楽しく関わる交流活動からスタート!子どもは,成果や課題を振り返り,学級の課題を明らかにしていきます。

このページのトップへ