あなたの選んだカードは? ~アートカード~

2019.06.10

☆アートカードを使った鑑賞の学習です☆

  班で順番に1人が,数十枚のアートカードから1枚のカードを選び, Yes or No の質問で選んだカードがどれなのか探し当てるゲーム感覚で楽しくできる鑑賞の学習です。(アートカードは,教科書の指導書セットの中に入っています。今回紹介する学習の他にも様々な使い方が紹介されています。)

 子どもは,互いの質問の内容をよく聞き,カードの作品の形や色などに着目して,返答のYes or Noを基に話し合いながら,選ばれたカードを探し当てました。この姿は,図画工作科の見方・考え方を働かせ,当校が資質・能力として設定している鑑賞の②思考力・判断力・表現力:造形的な形や色から面白さや楽しさを見いだす力および,③態度:造形的な面白さや楽しさを捉えようとする態度であると判断しました。また,他者と考えをもちより,話し合う姿に,対話的な学びの姿が見られました。この題材を通じて,図画工作科の資質・能力の育成および,他の学習においての話し合いの学習活動につながります。

「ここにも黒があるよ!」
形に着目しています
「ここがさ,赤っぽいよ」

 今回この学習は,2回目でした。授業の終わりに,この学習の楽しさを1回目と同様に問い,子どもとどんな力が付くのか確認しました。資質・能力の育成は,繰り返し行うことが大切ですね。

子どもと学習を振り返ったときの板書です。

このページのトップへ