タブレット端末を活用して書いて伝えてみよう~2学期が始まる前に~

2021.08.23

 この夏休みに,一人一台のタブレット端末を家庭に持ち帰ったお子さんが多くいることかと思います。自分の思いや考えを書いて伝えられる人は,生活を豊かにできると信じています。
 そこで,2学期が始まる前に夏休みの集大成として,タブレット端末を活用して文章を書いてみてはいかがですか。以下に,簡単なやり方を示します。
 すでに2学期が始まっている場合でも,タブレット端末で文章を書き続けられる習慣を身に付けるために,取り組んでみてはいかがでしょうか。  
 自分のために,未来のために,親子でトライ!おすすめですよ!    

<タブレット端末を活用した文章書きのやり方>
①タブレット端末で,ロイロノートを開く。
②国語等で「ノートを新規作成」にし,名前を自由に付ける。
③青色の画面になったら,テキストを開く(白がおすすめ)。
④テキストを開き,「ここから文字を入力」をタッチする。
⑤「縦」をタッチして,縦書きにする。
⑥フォントの大きさの左にある「文字揃え」をタッチして,右上から書けるように設定する。
⑦文章を入力する。
【題材】夏の思い出,この夏一番の○○,2学期に取り組みたいこと等
⑧ある程度,文章が入力できたら自分で読み返す。下掲の「文章を練り上げるためのポイント」を参考に,文章をよりよくパワーアップさせる。
⑨おうちの人,または兄弟姉妹から読んでもらい,もう少し具体的にすべきところがあるか等のアドバイスをもらう。
⑩アドバイスを参考にして,最終的な文章に仕上げる。

<長続きするためのポイント~お子さん編~>
・文章量は気にしない。短文でもよし!
・完璧な文章に仕上げようと思わない!
・最後まで書き終わっていなくても,15分を過ぎたらそこで終わりにする!ただし,自分で「まだ書きたいな」と思えば,続けてもよし!
・自分が思ったことや感じたことを素直に表現する!
・1回でも書けたら素晴らしい。続けられたら,よりよい自分になれるよ!

<長続きさせるためのポイント~おうちの方編~>
・書けたことを大いにほめる。温かく見守ることが大前提。
・可能なときは子供の文章に目を通して,前向きなアドバイスをする。
・完成した文章を家族で共有する(素敵なところを伝え合う,食卓の話題にする,よく目にする場所に掲示する,1冊の文集にしてあげる等)。

☆文章をよりよくするために参考にしてください☆
このページのトップへ