下町がどうなる?じゃなく,どうする?の話をしよう③

2019.10.03

「下町がどうなる?じゃなく,どうする?の話をしよう」の実践,第三弾です。2回目の体験的な情報収集を終え,子どもたちは,ニコニコカフェの特徴として,「利用してくれたお年寄りの方がニコニコカフェで何ができるのか」,その内容を具体的に考え始めました。そこで,何ができるとお年寄りの方が楽しめる場となりそうか,思いつく限りワークシートに記述させました。拡散的な思考を促すためです。

問題が焦点化され,学習課題が設定されました。いよいよオータム研修会での授業です。次回の第四弾では,焦点化された問題を子どもがどのように解決していこうとしたのか,そして,実際に解決の決め手となったのは何かを,紹介できればと思います。

このページのトップへ