分散登校時における「資質・能力」の育成に向けて~デザイン編~

2020.05.17

子どもたちの「学びの保障」のために,今,それぞれの立場から,アイデアあふれる工夫が求められています。分散登校時の社会科の工夫を考えてみました。

〇 学習指導要領に規定されている「何ができるようになるか」(育成を目指す資質・能力)を意識した上で,「何を学ぶか」(指導すべき内容)を明確化し,今般の事態を受けた様々な環境変化を踏まえて「どのように学ぶか」(指導方法)を柔軟に見直すこと。

引用:令和2年5月15日 文部科学省「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における『学びの保障』の方向性等について(通知)」

このページのトップへ