初等教育研究会:1の2どうぶつランド ~「たまごからうまれたよ」お話劇場~

2020.01.17

☆「A表現」の絵と立体を組み合わせた題材を提案します。

 本題材は,国語科の「おはなしをつくろう」という単元との教科横断的に構想しました。子どもは,国語科の「おはなしをつくろう」という単元での「話を構成する力」「場面の様子,登場人物の行動や気持ちを捉える力」という思考力・判断力・表現力の資質・能力を発揮して,楽しいお話を考えたいという思いをもちます。考えるお話の面白さが伝わるように,図画工作科の題材で,登場人物やお話の舞台を絵と立体とで製作します。「お話の面白さを伝え,楽しんでもらうための表現活動」ということが題材を貫く目的です。

 上掲の写真は,子どもと共に学習してきた一部です。4月から様々な材料や道具に触れさせ,それぞれの使い方による表現の効果を生かす資質・能力を育成してきました。そして,本題材のような大題材においては,お話の世界を絵で表す題材と生活科で飼育しているモルモットへの愛着を立体で表す題材を学習しています(詳細はHP掲載の「附属アートミュージアム①」と「附属アートミュージアム②」をご覧ください)。いずれも,お話の登場人物やモルモットの製作からスタートし,その周辺の背景など,次から次へと課題を設定し,製作活動を積み重ねながら作品完成(課題解決)を目指しました。このような大題材を通して子どもが,対象のイメージを膨らませ,段階を経ることで,資質・能力を繰り返し発揮できるように,年間指導計画の見直しと題材の指導計画を構想することとで資質・能力の育成を図ってきました。子どもは,自分のイメージと表現したいこととを関連付けて工夫しながら,絵や立体に表すことは経験しています。しかし,絵と立体を総合的に合わせて完成を目指すのは,本題材が初めてです。

 当日は,お話の舞台づくりを中心に公開します。子どもが,目的に向かって,発想・構想を更新しながら,学びを生かし,材料や道具を工夫する姿を見にいらしてください。

このページのトップへ