割合の中核とは?

2021.12.15

初等教育研究会Autumnの授業について協議会,アンケート,Slack等でたくさんのお声を届けていただき,本当にありがとうございました。

・比較から同じを見つける単元導入

・分数と小数,二つの表現

・均質性

このようなポイントで「基準量の1を捉える」ことに向かって,子供が割合世界に没入する授業を構想しました。

協議会では,改善につながるポイントを指摘していただきました。

・子供が本当に割合を使う必要のある場面になっているか。

・課題の曖昧さ。課題がぶつ切りで教師の押し付け感。

・私の抑えの甘さ(順序の問題,均質性の抑え等)

授業はいくらやっても課題が残ります。全てを改善するのは難しくても,視点を定めて改善に挑戦し,その結果をしっかり分析していける授業を心がけたいと思います。

また2月の初等研Winterもよろしくお願いいたします。

さて,今回の研究授業を通して,また授業改善を考えるためにも,私自身「割合」の教材研究が不足していると痛感しました。そこで,「割合」に特化した次のような研修会を計画しました。

授業を参観いただけた方も,参観していない方も,割合に興味がある方はぜひご一緒しましょう。

このページのトップへ