国語科「書くこと」におけるタブレット端末の活用

2019.11.20

  子どもが文章を記述する際には,原稿用紙を使うことが一般的だと思います。本学級では,以前ご紹介した「附属新潟式」原稿用紙を使用しています。それだけではなく,「書くこと」の学習において,タブレット端末も活用しています。つまり,「附属新潟式」原稿用紙とタブレット端末との両輪で授業を展開しているのです。どちらにもよさがあります。タブレット端末に文章を入力すると,段落の入れ替えや表現の加除修正等が容易にできます。小学生のうちからタブレット端末を活用し,文章が作成できることは,実生活・実社会において必ず役に立つことだと信じています。

タブレット端末を用いて子どもが作成した「東京2020オリンピック丸分かりガイドブック」です!
このページのトップへ