社会科は何を学ぶ教科ですか?「見えること」から「見えないこと」を考える

2020.05.29

「社会科は何を学ぶ教科ですか?一言でどうぞ」

と問われたら,私はこう答えます。

「社会科は概念を学ぶ教科です」

社会科における知識は,概念的知識や事実的知識,さらに用語や語句レベルのものまで多様にあります。

大切なことは,教科書を読んで終わる,事実的な知識のみの獲得で終わる(調べて終わる)のではなく,事実的知識(見えること)をもとに,概念的知識(見えないこと)を導き出すことだと考えます。

コロナ禍においても,本質は見失わずに。

「見えること」の確認で終わる社会科ではなく,「見えること」から「見えないこと」を考える社会科へ。

そして,それを実現するために「登校」と「遠隔」を組み合わせる。

そのアイデアを提案します。

このページのトップへ