規則正しい生活リズムを作るために

2020.05.22

学校が休校や分散登校となり,以前に比べさらに子どもたちの生活リズムが崩れてしまう可能性があります。そこで,健康は運動・睡眠や休養・食事から成り立つこと,さらに自宅で過ごす時間が増えると多く利用しがちなメディアを上手に利用しながら,1日の調和のとれた生活リズムを崩れないように,今できていることは続ける,改善した方が良いことを考える機会となるように資料を作成し,指導をしました。

  子どもたちは,できていることや改善していきたいことを話していました。少しずつできることから,望ましい生活習慣に変えていく。それを継続できるように今後も働きかけていきたいと考えています。

このページのトップへ