防災の日献立 ~経験して想像し,災害に備える~

2022.09.05

 災害はいつ起こるか分かりません。新潟県でも今年の夏は,豪雨で被害を受けた地域があります。せめて1日だけでも災害について考えてもらいたいと思い,9月1日防災の日に「防災の日献立」を実施しました。避難所で出される食事を想定して,乾燥わかめ・高野豆腐・打ち豆等の乾物,缶詰等の長く保存できる食材を中心に献立を構成しました。また,子供たちが普段食べる機会の少ない「カンパン」も付けました。子供は,「初めて食べたけどおいしかった」「家でもおやつに食べたことがある」「ビスケットみたいだった。また給食に出してほしい」等と話していました。

このページのトップへ