3年生理科「たねをまこう」オンラインで添削し、評価する

2020.05.08

臨時休校中、子どもができることはないかを考え、たねの観察を行うことにしました。ヒマワリとホウセンカの種を持ち帰らせ、観察カードに図と文で気付いたことを書かせます。比較を促し、共通点や差異点に目を向けるよう、1枚のカードに2つのたねを並べて書くようにしました。

子どもたちは、観察した後家庭で種をまき、観察を始めました。

スライド2

その後、下のカードを配布し、たねから花がさくまでを5つの場面に区切って、どのように育つ余暇を予想させました。子どもは、「葉が増える」、「茎が伸びる」、「つぼみができる」、「芽が出る」などの順番を予想するとともに、まだ、分からないところがあることに気付き始めていきました。

このページのトップへ