個人研究

算数科:志田 倫明

算数科: 志田 倫明

研究主任&5学年担任をします。

 

あらゆるものを取り巻く環境が複雑性を増し,将来の予測が困難な状態が進む社会。

このような社会において,テストや学校の成績が,人生における成功を予測しえないということは繰り返し指摘されています。

 

手早くスマートに知識量,記憶量を増やすという学習観ではなく,多様な考えや価値に触れ,失敗を乗り越えながら自分を変えることに価値を見い出すような学習観に変えていくことが必要ではないでしょうか。

 

多様性を大事にすることで,なかなか納得に向かうことが難しくなる。

しかし,その中で納得を導こうとするから,論理的に考える力が育つのではないのでしょうか。

 

変化の激しい今だからこそ,これまでの当たり前を「変える」ことを思い切って提案していきたいと思います。

「変える」営みの中で,「変わらないこと」が見えてくるのだと信じて。

 

御批正,御指導よろしくお願いいたします。

ご意見,ご相談など,気軽にご連絡ください。

shida@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

国語:桑原 浩二

国語: 桑原 浩二

 桑原浩二と申します。当校6年目となりました。研究教科は,国語科です。

 

 昨年度から「読むこと」(説明的文章)を中心に研究を行っています。今年度は,第6学年の「読むこと」にチャレンジします。入門的な「論理国語」の授業を実践できればと考えています!

 

 また,一人一台のタブレット端末を活用した「書くこと」の研究を継続します。GIGAスクール構想の導入により,「書くこと」の学習は今,大きな転換期を迎えています。

 

 国語科の本質は何か。自分の思いや考えを言葉で伝えるコミュニケーションだと考えています。初等教育研究会では,自分の思いや考えを伝え合う子どもの姿をご覧ください当ホームページでは,研究授業の様子や指導案等随時upしていきます!多くの皆様からご批正をいただければ幸いです。どうぞ,よろしくお願いします。

 

〈↓メールをお待ちしております↓〉
kuwabara@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

算数:越村 尚貴

算数: 越村 尚貴

附属新潟小学校6年目になりました。

今年度は,生活指導を担当しています。

算数は3年生と5年生の単式学級,高学年の複式学級(5・6年生)を担当しています。

対話を通して,子どもたち自身が算数を創り上げる授業を目指します。

理科:加藤 聡

理科: 加藤 聡

附属新潟小学校 5年目になりました。加藤聡(かとうさとし)です。

3年連続3回目の3年生担任です。

今年度の研究のテーマは、2つです。

『どうして』を追究する学習

子どもたちが目指すものを作成する過程で、現象の要因にぶつかるような比較物を提示し、要因に迫る「どうして」を引き出します。

現象の見方をさらに深める対話

対話によって,他者の結果との違いを見いだし,もう一歩踏み込んだ実験方法を考える子供です。

 

どうしてゴムカーは引っ張るほど遠くに走るの?

どうしてゴムの糸電話は音が聞こえないの?

どうして光を集めると煙が出るの?

どうしてスイッチを押すと豆電球が光るの?

 

楽しむだけで終わらない理科、

本質を見ようとする観察・実験、

作って考えることで概念を更新するものづくり

を目指して研究を進めていきます。

 

研究授業では、皆様からご覧いただきたくさんのご意見をいただきたいと思います。

また、授業参観や各種研究会へも喜んで参加いたします。ご連絡ください。

kato@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

外国語:長谷川 郁貴

外国語: 長谷川 郁貴

附属新潟小学校4年目,長谷川 郁貴(はせがわ ゆうき)です。6年2組の担任になりました。研究教科は外国語です。評価について,毎日の授業について,充実した言語活動について・・・課題が山積みです。機械翻訳が発達する現代で,外国語を勉強する意義は何なのか日々考えています。研究のキーワードは「『英語を』ではなく,『英語で』学ぶ」,「異文化理解」,「他者理解」です。

日々の授業実践をアップしていきます。気軽にご意見,ご感想お聞かせください。

メール:y-hasegawa@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

総合:梅津 祐介

総合: 梅津 祐介

附属新潟小学校5年目となりました。今年度も6年生を担当します。

 

これからの社会に求められる力は
「問題を解決する力」よりも「問題を見つける力」へ
「モノをつくり出す力」よりも「意味を与える力」へと変わってきています。
このような要請に応えられる教科が,総合的な学習の時間です。

 

「〇〇を商品開発した」「△△に取り組んだ」
というようにコンテンツに注目されがちの総合学習ですが
「子供が身に付けた力は何か」という問いに
子供の姿と,教師の適切な評価方法で明確に答えられる単元を設計していきます。

 

ご連絡は下記まで
umetsu@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

総合:浅間 一城

総合: 浅間 一城

附属新潟小学校5年目となりました。今年度は,4年生を担任します。

総合学習は,正解や答えが一つに定まらない課題を扱います。そのような総合学習では,子供を教え導くという教師観から,子供の学びの筋を大切にするという教師観へのシフトチェンジが必要だと考えます。そうした教師観の下で展開される授業において,子供は,課題を発見し設定する力などの資質・能力を発揮していくのではないでしょうか。

私たち教師は,総合学習でいかにして子供の学びを支えていくことができるのか。実践を通して提案していきたいと思います。

研究の内容や子どもの学習の様子をこのページ上で随時更新していきますので,たくさんのご意見をお待ちしております。

Mail : asama@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

 

特別活動:八子 正彦

特別活動: 八子 正彦

附属新潟小学校に来て,5年目になりました。
今年度は,生活指導主任を務めます。

全校目線で特別活動の熱を育んでいきたいと思います。

学級力に関わるお問い合わせも大歓迎です。

今年も,みなさんで,特活を盛り上げていきましょう!
よろしくお願いします。

 

連絡はこちらへ

yako@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

栄養教諭:佐藤 妙子

栄養教諭: 佐藤 妙子

附属新潟小学校4年目になりました。栄養教諭の佐藤妙子です。
給食管理・食育を担当しています。

私たち栄養教諭に求められる役割は年々増え続けています。

私たち栄養教諭が子供,学校,社会に貢献できることとは?

子供の現在の食生活は,未来の生活につながります。

子供の未来が,豊かであるために☆

まだまだ佐藤は勉強中です。
皆様からたくさんのご意見をいただきながら一緒に学んでいきたいです。
よろしくお願いします。

mail : t-sato@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

音楽:米山 陽子

音楽: 米山 陽子

米山 陽子(よねやま ようこ)と申します。
附属新潟小学校3年目,研究教科は音楽科です。

音楽科は,生活や社会の中の音や音楽と豊かに関わる資質・能力を育てる教科です。子供たちの身の回りには,様々な文化背景をもった音や音楽があふれています。その違いやよさを.音楽を形づくっている要素を窓にして見つめ直し,新たな価値をつくり出すことのできるような音楽の授業を目指します。

今年度も附属新潟小学校の素敵な子供たちと一緒に勉強していきます。
実践について,多くの皆様から御批正をいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

メール:yoneyama@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

家庭科:小川 有美

家庭科: 小川 有美

附属新潟小学校3年目となりました。小川有美と申します。
研究教科は家庭科です。

「今こそ家庭科!」

家庭科は,よりよい生活を創造するために,生活の営みを工夫する力を育てる教科です。

子供が,生活経験によって「わかったつもり」になっている曖昧な生活知を問い直し続け,生活の仕組みを理解することが大切であると考えます。生活の背後にある根拠を追究し,そこで得た知を新たな価値や情報として付加して,生活知を更新していく。このような子供は,変化する多様な生活の中で生活の在り方を問い直し続け,適切な方法を選択・判断し,生活の営みを工夫していくのではないでしょうか。

 

授業では,見いだした解決方法をどのように捉え直させていけばよいのか。自分の生活をよりよいものにするために,子供の学びをどう支えていくことができるのかを追究していきたいと思います。

 

今年度も,たくさん学び,実践につなげていきたいと思います。
多くの皆様からご指導いただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

 

お気軽にご意見・ご感想をお寄せください。

メール ogawa@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

道徳:江口 健

道徳: 江口 健

附属新潟小学校3年目,江口 健(えぐち たけし)と申します。

研究教科は道徳です。

今年度は1年生を担任させていただきます。

道徳科は,人としての生き方を考え,自分がどのように生きていくかを探っていく教科です。

子供が,多様な考え方や感じ方に気付き,「なぜ」「どうして」と友達との対話を通して道徳的価値について考え続ける。

そして,自分なりの納得解を見付けていくことのできる授業を目指します。

 

また,役割演技や一人一台端末を活用した実践にも取り組んでいきます。

皆様からご批正をいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

メール:eguchi@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

算数:岡田 健

算数: 岡田 健

岡田 健(おかだ たけし)と申します。

附属新潟小学校3年目です。研究教科は算数科です。

今年度も,低学年複式学級を担任します。
1年生8人,2年生8人の少人数だからこそできる主体的な学びを,子供たちの対話を通して実現します。

 

どうぞよろしくお願いします。

メール:okada@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

(お気軽に,ご意見・ご感想をお寄せください。)

国語:中野 裕己

国語: 中野 裕己

附属新潟小学校3年目となりました。今年度は3年生を担任します。

研究教科は,国語科です。「読むこと」領域の物語教材を主として扱っていきます。

 

国語科は,私たちが日常生活で使っている「言葉」を直接の学習対象とした教科です。日常生活で使っているからこそ,慣れ親しんだ言葉の使い方を変えることは難しいですし,どのような「言葉の力」がついたのかが不透明になりがちです。

したがって,「話すこと・聞くこと」,「書くこと」,「読むこと」のいずれの領域においても,「どのような言葉の力を育てるのか」ということを,常に意識することが肝要です。

 

では,「読むこと」領域の,物語教材でこそ育まれる「言葉の力」とはどのようなものでしょうか?

 

私たちは,物語を読むことを通して,その虚構の世界を追体験することになります。

そして,物語を紡ぐ言葉を手がかりに,自分の知識・経験を総動員して,自分なりの理解を構築していくのです。

この物語を理解する過程で,子供は,物語内の状況に応じた言葉の意味,つながり,イメージを広げ深めていくことになります。

このような「言葉の力」を育む物語の授業を具現するために,今年度も研究を進めていきます。

 

また,研究を支える取組として,

〇 ICT(ロイロノート・スクール,Google Workspace for Education)を活用した国語授業

〇 発達段階に応じた読みの技術の明確化

〇 読むこと領域の学習過程(構造と内容の把握,精査・解釈,考えの形成)を往還する単元設計

〇 読むこと領域における目的意識と「主体的に学習に取り組む態度」の関係

についても,追究していきます。

 

今後、研究授業や日々の取組をアップしていきます。

ご質問、ご意見お待ちしています!

nakano@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

理科:高野 和明

理科: 高野 和明

高野 和明(たかの かずあき)と申します。

附属新潟小学校3年目になりました。

本年度は5年生を担任しています。

研究教科は理科です。

子供が日常生活に見られる事象を科学的に問題解決をする姿を目指します。

今年のテーマは「実験方法の構想」です。子供が実験方法を構想する上での問題点,改善点を明らかにしていきます。

個人研究ページは随時更新してまいりますので,多くの方々からご批正をいただければ幸いです。

 

Mail:takano@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

 

生活: 大図 俊哉

生活: 大図 俊哉

附属新潟小学校2年目 大図 俊哉(おおず としや)と申します。

研究教科は生活科です。今年度も2年生を担任します。

 

生活科の学びの基本は「具体的な活動や体験」です。
触れたり,作ったり,探したり,遊んだりする中で子どもは様々なことに気付きます。
その中では,壁にぶつかることもあります。失敗することも,友だちと意見が違うこともあります。

 

ですが,それはいけないことではありません。

 

そこで試行錯誤したり,対話の中で意見の折り合いを付けたりしていくことによって,みんなにとってよりよい方法や結果が生まれます。
私はこの過程が,質の高い気付きや子ども一人一人の成長につながっていくと考えています。

 

そしてそれは変化の激しい時代,多様性の時代において,なくてはならない学びとなります。

 

生活科だからこそできる子どもたちの学びを追究していきます。

 

今後,研究授業や日々の取組を更新していきます。
多くの皆様からご批正頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

 


メールはこちらから お気軽にご意見ご感想をお寄せください。

ozu@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 
 

図画工作:横山 拓貴

図画工作: 横山 拓貴

附属新潟小学校2年目になりました。横山拓貴(よこやまひろき)です。

研究教科は,図画工作科です。今年度は,1年1組を担任します。

図画工作科で育まれる創造性は,将来の予測が困難な社会で生きる子どもたちが未来を切り拓く要です。

みたい!かきたい!つくりたい!子どもたちが夢中になる授業を目指します。

身の回りの物と関わり,友達と関わり,自分らしい表現を見つけていく子供たちをサポートしていきます。

お気軽に,ご意見,ご感想をお寄せください。

 

メールでのお問い合わせはコチラ→ yokoyama@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

養護教諭:増田 素子

養護教諭: 増田 素子

附属新潟小学校 2年目 増田 素子(ますだ もとこ)です。

 

自分や家族,大切な人を守るために。生涯健康でいられるために。

今できること,今だからできることを保健を通して,附属新潟小学校の子どもたちと一緒に考えていきます。

たくさんの方から御批正をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

メール:masuda@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

国語:渡邉 裕矢

国語: 渡邉 裕矢

附属新潟小学校1年目。渡邉 裕矢(わたなべ ゆうや)と申します。

研究教科は国語科です。「話すこと・聞くこと」領域を中心に研究を行っていきます。

 

情報化やグローバル化が進み,コミュニケーションの在り方はどんどん変化しています。こんな時代だからこそ,「人と人とがうまくコミュニケーションを図ること」が今まで以上に求められているのではないかと考えます。そう考えると,「話すこと・聞くこと」の学習は,より一層重要なものとなっています。

 

「資質・能力を身に付けさせるためには,どのような対話の在り方が望ましいのか?」

「対話において,話をつなげていくためにはどんな働き掛けが有効なのか?」

実践を通して,明らかにしていければと考えています。

 

多くの皆様から,御批正をいただければ幸いです。

どうぞ,よろしくお願いします。

 

メール:watanabe@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

体育:田邊 玲奈

体育: 田邊 玲奈

附属新潟小学校1年目です。田邊 玲奈(たなべ れな)と申します。

研究教科は体育科です。2学年を担任します。

 

現在,スポーツの在り方は多様化し,それをする人,見る人,支える人等,スポーツへの関わり方も多岐にわたっています。

スポーツには,人と人をつなぐ力があります。子供たちが,体を動かすことを通して,様々な人々と関わり合い,スポーツする楽しさを育んでいけるような授業を目指していきたいと思います。

 

多くの皆様から,御批正をいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

E-mail:tanabe@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

 

特別活動:村越 千紋

特別活動: 村越 千紋

附属新潟小学校1年目,村越千紋(むらこしちあき)と申します。

研究教科は,学級活動です。今年度,第3・4学年複式学級(中学年3組)を担任します。

「楽しさ」は,子どもの学校生活を豊かにし,主体的に活動に参画する子どもを育てます。「自分にとっても,みんなにとってもよい」をみんなで探りながら,折り合いをつける話合い活動を目指します。

たくさんのご意見をいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Mail:murakoshi@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

このページのトップへ