個人研究

算数科: 二瓶 亮

算数科: 二瓶 亮

二瓶 亮(にへい りょう)と申します。
附属新潟小学校2年目、研究教科は算数科です。
令和6年度は、低学年複式学級の学級担任と2年生及び中学年複式学級の算数科を担当します。複式学級担任は2年目となりました。

 

予測困難なこれからの社会では、自ら問い続ける力が重要です。目の前の問題を解決する力だけでなく、自ら問題を見付ける力が必要となります。

 

算数は、系統的に内容が構成されています。そのため、子供が創造的かつ発展的に学び進めることが期待されています。問題を解決して終わりではなく、問題を解決した後、自分なりに適用範囲を広げたり、得られた結果を比較して共通点を見いだしたりするような学び方が重要となります。このような学び方は、子供の自ら問い続ける力を育むことにもつながります。

 

子供たちとともに、「自ら問い続ける算数」をつくっていきたいと思います。

 

研究キーワード:「自ら問い続ける」「算数の学び方」「複式学級」

多くの皆様からご批正をいただければ幸いです。ご意見、ご感想もお気軽にいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

メール:nihei@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

このページのトップへ